注目の新感覚巨大デジタルアート展が開幕!アンバサダー尾上松也が語る「新たな発見と体験…」

  • follow us in feedly

新感覚巨大デジタルアート展 「巨大映像で迫る五大絵師 – 北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界 -」が東京・大手町三井ホールにて7月16日(金)より開幕した。歌舞伎俳優の尾上松也がアンバサダーを務め、9月9日(木)までの全56日間開催。

会場には、葛飾北斎の「冨嶽三十六景」と歌川広重の「東海道五拾三次」、俵屋宗達と尾形光琳が描いた2つの「風神雷神図屏風」の競演、伊藤若冲の代表作「仙人掌群鶏図」など、日本美術の傑作が巨大映像となって集結する。

7月15日(木)の発表会見に出席した尾上松也は、「大画面で見ることによってこれまで体験したことのないような体験ができると思いますし、絵の中に本当に飛び込んだような体験ができる、本当にそのような感覚になります。現代的な素晴らしい技術を使って、音楽との融合と言うのはここでしか見られない体験だと思います。さらにはあまり詳しくない方でも分かりやすいような解説もちゃんとしてからご覧いただくことになりますし、どなたでも楽しむことができると思いますので、是非是非、足を運んでいただいてですね。この絵画の素晴らしい深い世界というものに没入していただきたいですし、舞台もそうですけど文化・芸術というものはこれまでもずっと我々の支えになってきました。今はまだ色々と制限がかかったりと難しい状況ではありますけど、やはりこの情熱というかですね、魂というのは未来永劫続くと、紡いで行きたいものだと思いますので、ご覧の皆さまには観にきていただいて、いろんな方にお声掛けをいただいて、この輪を広げていっていただきたいと思います」と語った。

見どころである3面ワイド45m、縦7mの巨大スクリーン映像が音楽とのコラボにより未知のアート体験を可能にした。また、日本美術の傑作を超高精細デジタルリマスターで復元。作品の微細な凹凸や技巧、和紙の繊維の一本一本の質感までも立体的に表現されている。会場内は新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を徹底。安心して観覧できる環境となっている。

詳しくはこちら

  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る